診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土・日・祝日
[午前] 9:00~13:00
木曜日は予約制
当院の治療は交通事故(自賠責)労災の治療に対応しております。

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スタッフブログ

2015年1月15日(木)

カモミールミルクティー

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

 

皆様、なんとなく体調が悪い、悪寒がする、熱っぽい、のどが痛い・・・こんな風邪の引きはじめには、カラダを温めることと充分な睡眠をとることが大事です。発汗することは、熱を下げる以外にも体内の毒素(老廃物)を排出してくれる働きがあります。ハーブの中でもポピュラーなカモミールには抗炎症、抗菌、殺菌効果があり、体内の風邪ウイルスに作用しながらカラダをリラックスさせてくれます。さらにミルクを加えることでカラダを温めて質のよい眠りを誘うでしょう。
簡単に作れるカモミールミルクティーを紹介します。

◆カモミールミルクティーのつくりかた

<用意するもの>2人分
・牛乳:400cc
・ジャーマンカモミール(ドライ):ティースプーン山盛り2杯
・ハチミツ:2滴

<つくりかた>カモミールミルク
1.ミルクパンまたは小鍋に牛乳を入れ火にかけます。
2.牛乳が温まってきたらカモミールを入れます。
3.沸騰する直前で火を止め、フタをして1分待ちます。
4.茶こしでカモミールをこしてカップに注ぎます。
5.ハチミツを垂らしてできあがり。

※ハチミツを入れることで、のどの粘膜が保護され、さらに風邪の改善になります。牛乳の代わりに豆乳を入れてもいいでしょう。温かいうちにゆっくりと飲むのが効果的です。

◆カモミールの豆知識

ハーブの代表的な存在であるカモミールは世界的にも多くの人に親しまれています。カモミールという名前の由来は、「大地のリンゴ」を意味するギリシア語でカマイメーロンからきています。甘いリンゴのような香りでギリシアの人々に呼ばれていました。また、古代エジプトでも「安眠の薬」として用いられ、かのクレオパトラも愛飲していたといわれています。英国の童話「ピーターラビット」のお話の中でも、畑でいたずらをして逃げ帰ったピーターが疲れ果てながらも興奮状態にあるときや、ピーターがおなかをこわしたときに、おかあさんウサギがカモミールティーを差し出すシーンがあります。
このように古い時代から、気持ちを落ち着かせたり、体調が優れないときなど、とりあえずカモミールティーを飲むという習慣があり「万能のハーブ」として受け継がれてきたのです。ノンカフェインでココロもカラダも温まるカモミールミルクティー。体調がすぐれないなと思ったときにお勧めです。