診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土・日・祝日
[午前] 9:00~13:00
木曜日は予約制
当院の治療は交通事故(自賠責)労災の治療に対応しております。

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

スタッフブログ

2015年2月26日(木)

転倒

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

 

現在、日本では一年間に交通事故でお亡くなりになる方が

4,373名(平成25年度)

そして転倒によってお亡くなりになる方が、

7,700名以上

 

以外ではありませんか?こんなにも一年間に転倒によりお亡くなりになっている方が多かったなんて。私もこんなにも多いとは思いませんでした。

なので今回は「転倒」をキーワードにお話しさせて頂きます。

 

人間が転ぶ時にはいくつかの理由があります。それは筋力不足や注意力不足、そして足の冷えも原因の一つだと言われています。

押しが冷えてしまうと、足にあるバランスを司るセンサーの働きが悪くなり、バランスを崩しやすくなってしまいます。

足の冷えを予防するには次の様な体操が効果的です!!
【足の「冷え」解消体操】
1)背もたれのあるイスや丸めた布団に寄りかかります。
2)息を吸いながら、両手を上げ、大きく背中を反らします。
3)息を吐きながら姿勢を戻します。
上半身の動きに合わせて、つま先を10回ほど上げたり下げたりしましょう。

冷え以外には、2つの動作をおこないながらでも注意力が散漫にならず、つまずかない「ながら力」を鍛えなくてはいけません。

【「ながら力」アップ体操】

1)5秒間、できるだけ“速く”“小刻みに” 足踏みをする。(5秒間で20回くらいが目安)
2)次にお題を考える。(例:野菜の名前、都道府県名など)
3)足踏みをしながら5秒間、お題に合う言葉を思いつくだけ声に出して挙げる。
足踏みのスピードが遅くならないように注意。1日に、5秒間×5~10回を毎日、3~6か月続けると転倒予防に効果があるとされているようです。

その他、足の筋力も大切です。今のうちから、なるべく階段を使うなど、足を使った生活を心がけましょう。