診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土・日・祝日
[午前] 9:00~13:00
木曜日は予約制
当院の治療は交通事故(自賠責)労災の治療に対応しております。

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スタッフブログ

2015年4月3日(金)

健康診断

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

 

皆様、定期的な健康診断は受けていますか?

健康そのものだと思っていた人が、人間ドックを受けたら大きな病気が見つかった。また、自覚症状に気づいてから病院で検査を受けたら、かなりがんが進行していた。そのようなケースは決して珍しくありません。
人間ドックは、身体の隅々まで総合的に検査を行うことで、知らず知らずに進行してしまうがんや、生活習慣病の早期発見・治療・予防につなげるものです。
では人間ドックはどこで、どんな項目を、何歳ごろ受診するのがいいのでしょうか?本日は、人間ドックの特徴と選び方について、ご紹介しましょう。

◆どんな検査をするの?
人間ドックの健診項目では、法定健診(雇用先などで定期的に受ける健康診断/注1)よりも多くの検査項目がセットになっています。半日、1日、1泊2日などのコースがあり、長い時間をかければかけるほど、多項目を検査できます。なかにはオプション設定されている項目もあり、症状や前回の検査結果などを参考にして、特定の検査だけを申し込むことも可能です。

注1):雇入時の健康診断、または定期健康診断など、事業主が実施することが法律で義務づけられている健康診断が一般健康診断です(労働安全衛生規則第43~47条による)。

◆何歳から受けたらいい?

検査項目によって対象年齢は異なります。
例えば女性の場合、子宮頸がん健診は20代後半から、乳がん健診は30代での受診が推奨されています。最近は、企業などの定期健診でもオプション設定されている場合がありますので、人間ドックとして総合的な健診を受ける適齢は、35歳以上、もしくは40歳以上、が目安とされています。年に1回、受けるのが理想です。

◆人間ドックの料金はどのくらい?
価格は、施設や受けるコース、どんなオプションやサービスが付いているかによって異なりますが、半日の場合およそ4~5万円、1日の場合7~8万円、1泊の場合10~12万円前後となっています。
全額自己負担の人間ドックですが、加入している健康保険組合で補助制度がある場合があります。その場合は、健保が契約している指定医療機関で人間ドックを受けることになります。
企業にとっても、病気で戦力を失うのは痛手です。大企業だからといって補助を手厚くしているというわけではなく、個々の会社の「思い」に依るところです。社員の健康に気を配る中小企業は数多くあり、自己負担分を会社負担としている場合(実質社員はお金がかからず人間ドックが受けられます)もありますので、一度ご自身の会社の制度をチェックしてみてはいかがでしょうか。

◆どこで受けるのがいいの?施設の選び方は?

人間ドックは大学病院や総合病院、診療所、クリニックなど、人間ドックを実施している機関であれば、どこでも自由に受けられるものです。施設を選ぶ基準としては、自宅や職場から通いやすい、加入している健保の指定機関といったものもありますが、ほかに基準にできるものはあるのでしょうか。

●学会が優良認定した施設を選ぶ、という選択肢
多くの健診施設は、「日本総合健診医学会」か「日本人間ドック学会」に所属しています。人間ドック専門医制度を設けたり、よりよい健診方法の研究や、健診業務に携わる人々の技術向上、医療マナー向上のための仕組みづくりを行うことで、健診の精度を高める努力をしているのです。