診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土・日・祝日
[午前] 9:00~13:00
木曜日は予約制
当院の治療は交通事故(自賠責)労災の治療に対応しております。

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スタッフブログ

2015年7月14日(火)

美味しいものにはトゲがある

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

この季節になると暑くて汗かいて喉が渇いた後に飲むビールと言ったらそりゃもうたまりませんよね。

焼き肉、鶏のからあげ、アジフライ、ソーセージ、なぁんてあった日には、止まらなくなるってもんです。

しかしどれも高カロリーなものばかりです。おつまみには気をつけないといけません。

 

『高尿酸血症』ってご存知でしょうか?

この疾病は生活習慣と密接な関係があり、近年のライフスタイルの変化に伴って増加傾向にあるようで、成人男性の約20%(5人に1人!)が高尿酸血症とのこと。尿酸値が高くなると、痛風や腎障害などにつながるとされています。 尿酸は水に溶けにくい物質なのでカラダの中で結晶になりやすく、関節で結晶化すると、「風が吹くだけでも痛い」という痛風のできあがりです。 そしてこの尿酸の元になるのが、ビールの表示によく見る、“プリン体”です。 プリン体はカラダの中で、遺伝情報に関わる核酸(DNAやRNA)、からだを動かすエネルギーになるATPなど大事な部分に関わっている、欠かせない物質です。 しかし過剰になるとやっかいなことになってしまいます。

 

よく言われる「プリン体の多い食品」としては、レバーや白子、鰹節や煮干し、干し椎茸などがありますね。レバーや白子は、グラムあたりの細胞の数が多いので、含まれる核酸の量も多くなります。 干物も水分が抜けているのでグラム当たりの核酸の量が多くなりますし、また鰹節のうま味成分イノシン酸、干し椎茸のうまみ成分グアニル酸はどちらもプリン体を持っているんです。このプリン体は水に溶けやすいので、料理によってはスープに多く含まれます。 つまり鍋の〆の雑炊や、ラーメンはプリン体たっぷりなのです(だから美味しいのでしょうけど、ね・・・)。

一方、飲酒でも尿酸値が上昇してしまいます。ビールは他のアルコール類よりもプリン体を多く含みますので、より注意が必要なのですが、アルコールの過剰摂取自体が良くありません。アルコールを分解する過程でATPを利用しますからプリン体から尿酸が産生されますし、腎臓から尿酸を排出する働きも低下させてしまいます。お酒の種類に関係なく飲みすぎないことが重要なんですね。

 

肥満も良くないそうですから、やっぱり食べすぎず、飲みすぎず、よく運動する、が基本のようです。 私も運動もしなきゃいけませんねと、運動したら汗かいて喉が渇いて・・・ああ、またビール→焼肉→ラーメンまでたどりついてしまいそうです・・・。自重します。