診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜日
[午後] 15:00~19:00
定休日:日・祝日
当院の治療は交通事故(自賠責)労災の治療に対応しております。

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スタッフブログ

2015年1月31日(土)

ブルーライトと頭痛

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

 

ブルーライトとは、波長が380~495ナノメートル前後で青い光で、紫外線(400ナノメートル以下)と一部が重なる可視光線。スマートフォンや携帯型ゲーム機、液晶テレビ、パソコンなどLED液晶画面から発せられる。こうした機器の普及から、近年は日常生活でさらされる機会が増えており、体内時計が狂ったり、目の病気や肥満、がん、精神疾患などを引き起こしたりすることが指摘されている。

それがブルーライトです。

最近ではブルーライトの影響を減らすメガネなどが人気ですね!このブルーライト 皆さんは大丈夫ですか?実は気がつかない内にこのブルーライトによって頭痛が引き起こされていたりするのです。

思い当たる方がいらっしゃれば、パソコンや携帯電話の連続した使用を少し制限してみるのもいいかも知れませんね\(゜ロ\)

2015年1月30日(金)

雪道

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

 

思ってた以上に雪が降りましたね(・へ・)

という事で本日は雪道での転びづらい歩き方のお話を!!

 

1.歩幅を狭く!!

歩幅が大きいと足を高く上げなければなりません。そうすると当然、重心移動(体の揺れ)が大きくなり、転倒しやすくなります。滑りやすいところでは、基本的に小さな歩幅であるきましょう。細い道を歩くときには、自然に両足の左右の幅が狭くなりますが、左右の幅については適度に離れているほうが良いでしょう(20センチ前後)。

 

2.靴の裏全体で歩く!!

雪みちを歩くときは、重心を前におき、できるだけ足の裏全体を路面につける気持ちで歩きましょう。道路の表面が氷状の「つるつる路面」では(1)小さな歩幅で、(2)足の裏全体をつけて歩く「すり足」のような歩き方が有効です。ただし「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩いているとつまづきの原因にもなるので、軽く足を浮かせて歩きましょう。

道路の表面に雪の残っているところでは、「すり足」では歩きづらいこともあります。その場合は、足裏の平らにして、(2)足の裏全体を路面につけ、(1)小さな歩幅でそろそろと歩きましょう。

 

3.時間に余裕をもって

いくら歩き方を理解したつもりでも、急いでいる時は忘れがちになります。ケガをしないで楽しい冬を過ごすためには、冬は夏より移動に時間がかかることは仕方がないと思って「余裕をもって」行動し、「急がず、焦らず」に歩くことが大事です。

「余裕をもって歩く」ことで、しっかりと「滑りそうな道」を見分けながら歩くことができます。しっかり滑りそうな道を見分けることも、転倒しないためには非常に重要です。

また急いでいなくても、携帯電話で話しに夢中になっているときなど、路面に対する注意力が薄れたときは転倒しやすくなります。注意しましょう。

 

 

 

2015年1月29日(木)

明日は・・・。

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

 

明日は関東地方も雪が降るようですね!

私も明日は電車が遅れる事も想定して早起きをします!

皆様も明日に備え、焦って怪我などされぬ様、気をつけて下さい!!

 

2015年1月28日(水)

深部静脈血栓症

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

 

皆さん、「深部静脈血栓症」この病名を聞いた事がありますか?

これは、静脈(心臓に戻る方の血管)に血栓と呼ばれる血液の流れをせき止めてしまう物が出来る事によって脳や心臓などの小血管を詰まらせてしまい、最悪の場合死に至る病気です。

エコノミークラス症候群と呼ばれる物の正式名称になります。

こちらのエコノミークラス症候群の方が、聞き慣れているかもしれませんね。このエコノミークラス症候群の由来は、深部静脈血栓症の起こる原因からきています。

深部静脈血栓症やエコノミークラス症候群の原因は、血液の中の血の塊です。血液は常に流れていて、血管の中で血液が固まる事は基本的にはありませんが、血液の流れが悪くなると、血液の中の血を固める成分が働き、血管の中に血液の塊(血栓)を作ってしまいます。特にこの血栓は、下半身で形成される事が多くエコノミークラスの飛行機のように狭い空間で動かずにいると形成されやすくなります。

その為。エコノミークラス症候群と呼ばれるようになりました。最近では、家庭内で長時間パソコンやテレビに向かって同じ体勢で座っている事によって起った症例も報告されています。

予防方法は単純明快!

“動かす事”です。

常に血液の流れをよくする事によってこの病気になる可能性を大きく減らす事が出来ます。

皆さんも、長時間同じ場所にいる際は、度々足を動かしましょう!!

2015年1月27日(火)

スポーツ障害

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛や、肩の痛み・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

最近、学生の怪我が増えてきています。

それも、「スポーツ障害」と呼ばれる物ばかりです。

スポーツ障害とは、スポーツをすることで起こる障害や外傷などの総称です。使いすぎ症候群などと呼ばれる事もあります。

なかがわ整骨院に通院している学生の患者さんは様々な症状の方がいらっしゃいます。

肉離れ・骨折・捻挫・オスグット・膝痛・腰痛・テニス肘などなど・・・。

お体に痛みを抱えながらスポーツをやっている方は是非一度御相談下さい!!