診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~19:00
定休日:日・祝日

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スタッフブログ

2015年7月29日(水)

スイカパワー

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

 

「スイカは野菜か果物か」という議論がよくありますね。

青果市場やスーパーマーケットでは果物のコーナーに置かれていますね。デザートや贈り物として扱われるスイカは果物に分類されている方が消費者にとってしっくりくるようです。

一方、農林水産省の見解によれば、スイカは野菜になるそうです。というのも、園芸関係の学会や報告文では、「1年生及び多年生の草本になる実は野菜、永年生の樹木になる実はくだもの」と決められているからだといいます。

この他、日常的な感覚として、「ご飯と一緒に食べられるのが野菜、別々に食べたくなるのが果物」という説もあります。この分類でいうと、スイカは果物としても野菜としても食べられることになるでしょう。

◆スイカの種は食べてもいい?
スイカを食べるときに問題になるのが種です。

徹底的に取り除かなければ気がすまない人もいれば、気にせずガブリとかぶりつく人もいます。結論としては、種は食べてもまったく問題なし!

「虫垂炎になる」などは迷信だそうです。

スイカの種は表面の皮が非常に丈夫なので飲み込んでも消化されずに体の外に出されます。また、主な成分は脂質とタンパク質で、仮に消化したとしても問題ありません。

 
◆スイカに多く含まれる「シトルリン」
スイカの学名を「Citrullus vulgaris」というそうです。

ここから、「シトルリン」と命名されたアミノ酸があります。シトルリンはメロンやきゅうりなどのウリ科に多く含まれますが、中でもスイカは圧倒的な含有量です。100gあたりのシトルリン量を見ると、スイカ180mg、ヘチマ57mg、メロン50mg、きゅうり9.6mgなどとなっています。

シトルリンは体内で一酸化窒素を生成し血管を拡張する作用があるといわれています。

暑い夏でも、エアコンの使用などで血流は悪くなります。そうすると、むくみ、冷え性、肩こり、肌荒れなどが起こりやすくなります。また、水分が不足して血液がドロドロになりがちな夏場は、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まることが知られています。

血管拡張作用は、血流をよくし、これらの不調の改善に役立ちます。

スイカには、体内の水分量を調整するカリウムが含まれています。塩をかけて食べれば塩分・糖分・水分を同時に補うことができ、天然のスポーツドリンクのように熱中症予防に貢献してくれるでしょう。

シトルリンは皮の部分に多く含まれています。スイカはデザートとしても楽しめるのはもちろん、おかずとしてご飯と一緒にも食べられます。

一番厚い、緑色の外側の皮だけ取り除き、漬物や味噌汁の具などに使ってみるのもよいですね。「夏にスイカ」には理由があります。無駄なく、美味しく、いただきましょう。

 

 

2015年7月28日(火)

こむら返り

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

梅雨が明け、これから本格的な夏に突入します。海やプールなどに出かける予定の人も多いでしょう。

ただし、水辺のレジャーは水難事故と隣り合わせです。

特によく起こりがちなのが、水中で「足がつった」ことで溺れてしまうケースです。泳ぎに自信がある人でも、油断は禁物。万が一のことを考え、心の準備をしておきましょう。

◆「足がつる」とはどういう状態?

足がつるという症状は、水泳以外の運動中、あるいは睡眠中にも起こります。突然、足の筋肉が強い痛みとともに収縮・けいれんするもので、別名「こむら返り」ともいいます。運動も睡眠も継続できなくなるほどの強い痛みを伴います。

中高年になると、筋肉の力や持久力が衰えるため、特に運動をしていなくても日常生活の疲れが積み重なって足がつることもあります。

また、妊娠後期の女性も足がつりやすくなります。これは、成長した胎児によって骨盤が内側から押し広げられ、足の筋肉が引き伸ばされる状態が続くため、ふくらはぎの筋肉が急激に収縮しやすいからです。

足がつる原因

こむら返りは、筋肉が極度に疲労している時や、体内の水分やミネラルが不足している時に起こりやすくなると言われています。

水泳の場合で言えば、長時間泳げばそれだけ筋肉は疲労します。特にクロールのキックは、足首をまっすぐ伸ばして足の甲で水を蹴る動作であり、ふくらはぎの筋肉を長時間収縮させるもの。つまり、ふくらはぎの筋肉には負荷がかかったまま収縮している状態なのです。

また、当然ながら水中では身体も冷えます。そのうえ、気づきにくいのですが水中にいる時も身体が熱を発すれば汗をかきます。大量の発汗は、水分不足やミネラル不足につながります。

◆こむら返りの症状

足の筋肉は強いけいれんを起こし、激しい痛みを引き起こします。多量の発汗やめまいを伴うこともしばしばです。この時、足の筋肉は収縮した状態、つまりつま先を伸ばし切ったかたちで保持されるため、立っていることもままならない状態になります。

水泳中にこむら返りが起これば、泳ぎ続けるのは困難です。また、両足同時に起こることもあり、水中でこうなると非常に危険です。

◆足がつった時の対処法

足がつった時は、ふくらはぎを伸ばす必要があります。水深がそれほどなく、足がついて肩が水面以上にある場合は、足を前後に開き、ゆっくりとふくらはぎを伸ばしましょう。つったほうの足の膝をできる限り伸ばし、足首は深く曲げるようにします。

水深が深い時は、人がいれば迷わず、腕を上げて助けを求めてください。周りに人がいない場合や、救助されるまでに時間がかかりそうな場合は、立ち泳ぎ、もしくは背泳ぎのような姿勢になって、まずはつま先を自分の方に引っ張ります。つま先をつかんで足裏を反らせる感じです。その状態でできるだけ膝を伸ばすか、ふくらはぎをマッサージしてください。

注意したいのは、この時に力が入るので、身体が沈むことです。空いている手で平泳ぎのかき手をすることで、少し沈むのを抑えられます。完全に浮いている状態は難しいかもしれませんが、パニックになって身体を堅くするのは逆効果です。

意識的にゆっくり呼吸をし、気持ちを落ち着かせることが大切です。そして、周囲に助けを求めつつ、ゆっくりと岸辺やプールサイドに向かって進みましょう。

◆足のつり・こむら返りを予防するには

こむら返りを予防するためには、運動中・運動後の水分とミネラル補給が重要です。運動中は汗で水分と電解質が失われるため、疲労回復のためにも休憩中の水分と塩分の補給が大事です。

普段の食事でカルシウムやマグネシウムを摂ることは、予防に効果があります。食品では、カルシウムが多く含まれている乳製品や小魚、マグネシウムの多い豆腐や納豆、ひじきやアーモンドなどを摂取するといいでしょう。

このほか、ビタミンB1やタウリンが不足しても、こむら返りは起こります。ビタミンB1は、卵や豚肉、豆類、牛乳に多く含まれ、タウリンはイカやタコをはじめとした魚介類(や貝類)などに豊富なので、意識して摂りたいところです。

これらの食品を意識的に摂取して、こむら返りの予防をしましょう。また、運動後に足のストレッチやマッサージを行って血流を改善することも、予防に重要な役割を果たします。

 

 

2015年7月27日(月)

もやしパワー

 

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

 

 

低価格で1年中手に入り、味にクセが少ないためさまざまな料理に使いやすい「もやし」。

庶民の味方と重宝されるその一方で、そのヒョロヒョロとした見た目や1袋約35カロリーというヘルシーさから「栄養がない」と語られることも多い様です。

しかし、実はもやしは豊富な栄養素をたっぷりと含んだ優秀食材なのです!!

夏バテ対策で注目したい “疲労回復パワー”も、野菜界トップクラスの実力を誇るといいます。

種に含まれたタンパク質などの栄養素を残したまま育つほか、発芽後の生育過程でさまざまな栄養素が合成されていくもやし。約8割が水分であるためカロリーは低いが、ビタミンやカルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれているという。

中でも野菜界トップクラスの含有量を誇るのが、アミノ酸の一種である「アスパラギン酸」という栄養素。疲労回復や代謝の活性化などに良いと言われ、スポーツドリンクにも配合されている。

『マイクロダイエット』を展開しているサニーヘルス社によると、「アスパラギン酸」が含まれている野菜はアスパラガスが有名だが、大豆もやしのアスパラギン酸含有量はアスパラガスの約2倍。また、発芽することでストレスを和らげると言われる成分GABA(ギャバ)も劇的に増加するとか。含有量はそう多くはありませんが、精神の安定に働きかけリラックス効果があり、ストレスを緩和させる作用があると言われています。

ヘルシーで疲労回復パワーに優れ、お財布にも優しいもやし。

暑さや疲労で食が細くなる夏こそ積極的に取り入れてみてください!!

2015年7月24日(金)

プールと中耳炎

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

 

プールから出た後、耳の中の水をしっかり出さないと中耳炎になるのではと心配したことはありませんか?

しかし、耳の中に入った水が原因で中耳炎になることはないそうです。鼓膜の奥にある部屋を「中耳」といい、ここが炎症を起こすと中耳炎になります。

中耳に細菌が入るとすれば耳からではなく、鼻からになります。

一方、外耳道炎にはプールの水が関係しています。

「外耳道」とは、耳の入口から鼓膜までの通路のことです。ここに細菌が感染すると外耳道炎になります。

今日は、プールの季節に注意しておきたい、耳のトラブルとその予防について見ておきましょう。

◆中耳炎の原因のほとんどはカゼ
耳と鼻は「耳管」という管でつながっています。

カゼをひいて鼻やのどに炎症が生じると、耳管を通じて中耳に感染が広がります。

プールの時期に中耳炎になりやすいのは、耳の中に水が入るからではなく、プールに用いられる塩素系消毒液によって鼻の粘膜が刺激され、炎症を起こしやすいからです。

◆外耳道炎を防ぐには耳掃除
外耳道炎は耳に水が入ることで引き起こされますが、問題なのは水そのものではなく、耳のよごれです。

たまった耳垢が水にぬれると細菌が繁殖しやすくなります。プールに入る1週間程まえに耳掃除をして、耳の中を清潔にしておけば外耳道炎にかかりにくくなります。

◆正しい水の抜き方
耳にたまった水が気になって、綿棒などでこすりすぎると外耳道が傷つき、炎症を起こしやすいので注意しましょう。

耳の中を傷つけずに水を抜くには、外耳道の傾斜を上手く利用するのがポイントです。

やり方は、まず、仰向けに寝転がって「あ~う~あ~う~」と口を開閉します。その後1~2分じっとした後、ゆっくりと頭を転がして、水を出したい方の耳を下にしていきます。外耳道の傾斜がちょうど良い位置にくると勝手に水が流れ出ます。寝転がってゴロゴロしているだけでも構いません。

子どもがプールに行く機会が増え、耳のトラブルが気になるという人は、まずは、子どもの耳の中を清潔にするところから始めてください。耳の中に入った水はそれほど気にする必要はありませんが、カゼをひいていると中耳炎になりやすいので注意しましょう。耳掃除をするとき、耳の中の水を抜くときは、くれぐれも強くこすって外耳道を傷つけてしまわないようにしましょう。

2015年7月22日(水)

熱中症対策

 

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

熱中症を甘く見てはいけません。

ここ数年の死者数は500人前後、20年前の7倍にもなるそうです。

高齢者が倒れるイメージが強いですが、環境省は「野外で働く人も気をつけて」と注意を呼び掛けています。

特に外回りの営業マン、建築現場作業員は正しい知識が必要。熱中症予防の正誤を御紹介します。

(1)塩分の入った水を飲むのが望ましい (△)

かく汗の量にもよりますが、仕事で外回りしている程度の人に塩分は必要ありません。

塩分入り飲料や飴もあるが、かえって高血圧など害が出る可能性がある。日本人の平均塩分摂取量は1日11.1グラム(男性)で、すでに世界基準の5グラムを大幅に上回っている。屋外でサッカーをする場合などを除き、スポーツ飲料等は必要ない。

(2)ビールでの水分補給はダメ (△)

運動後にキンキンに冷えたビールは、「極楽、極楽」。スペインのグラナダ大学の研究によると、「運動後の脱水症状改善にビールがよい」との結果が出ている。大量のミネラル分や炭酸が有効な理由だ。ただし、飲む量は男性なら500ミリリットル、女性は250ミリリットルまで。がぶ飲みはよくない。

(3)のどが渇いたらすぐに水分補給する (×)

のどの渇きを覚えた時点で、すでに初期の熱中症と考えられます。夏場はのどが渇いていなくても、こまめに水分を取りましょう

(4)水分は胃にやさしいぬるめがいい (×)

補給する水分は「ぬるめの白湯が一番!」と思い込んでいる人もいるが、真っ赤なウソ。理想の水温は、5~15度。冷蔵庫から取り出してコップに注いだ頃合いが、その温度です。

(5)冷却スプレーで体を冷やす (×)

熱中症の専門家・横浜国大の田中英登教授の実験によると、サーモグラフィー上は熱を下げる効果がなかった。冷却スプレーは清涼感を得る気分的なものと考えた方がいい。

(6)辛いものを食べる

タイ料理や四川料理などの辛い食事は発汗を促す。これによって適度に体温が下がり、熱中症予防になる。(○)

(7)ハンカチでこまめに汗を拭く

汗は気化熱で体温を下げる役割がある。ハンカチで汗を拭くと、体温が下がらないため余計に汗が出る。拭くなら濡れたハンカチやタオル、汗ふきシートがいい。(×)

(9)顔が赤い人は寝かせて応急措置をとる

一般に顔が赤くなるのは熱射病。この場合、イスに座らせて足に血液がいくようにする。

顔が青白い人は熱中症の疑いが濃厚。こちらは足を高くして寝かせ、氷などで体を冷やす。(×)

123