診療時間
平日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土・日・祝日
[午前] 9:00~13:00
木曜日は予約制
当院の治療は交通事故(自賠責)労災の治療に対応しております。

なかがわ整骨院

〒224-0001
横浜市都筑区中川1-17-12
ヴィレッジスクエア1F

電話:045-915-7255

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スタッフブログ

2015年7月10日(金)

夏対策

こんにちは。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れの専門家 なかがわ整骨院です。
なかがわ整骨院では、上記のほかにも、腰痛(ぎっくり腰など)や、肩の痛み(四十肩など)・スポーツ障害なども得意としております。

また、交通事故のお怪我についても随時診療・相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

日曜 祝日も休まず診療しておりますので是非一度ご相談をお待ちしております。

 

夏は、暑さによる睡眠不足などで生活のリズムを乱すことが多い季節です。

 

夏休みの孫らが遊びに来ることはうれしいが、久々の「子育て」に気疲れすることもある。

そんな夏だからこそ、生活習慣を見直すチャンスだ。健康はまず食から。

食事を中心に取り組みやすい夏対策について、管理栄養士で兵庫県立大学環境人間学部の永井成美教授はこの様に話しているそうです。

夏の食欲不振は、冷たい物の取り過ぎが大きな原因。そうめんやビールなどの冷たい物が入ると胃は内容物を長時間かけて腸に送り出すようになるため、負担が大きくなってしまう。夏場は、夜の飲食が多くなりがち。焼き肉やピザなど脂肪が多い食べ物は、食道と胃の間にある噴門を閉じる力を弱くする。その状態で横になると、胃から逆流したものが食道炎を引き起こし、「朝のムカムカ」につながりやすい。

食欲不振だからといって朝食を抜くと消化器の体内時計を狂わせてしまう。いわゆる「腹時計」のことで、体内のリズムを適正に保つ重要な役割を担う。その腹時計のスイッチを入れるのが朝食だ。毎日同じ時間にスイッチを入れることが、規則正しい生活につながる。

食欲不振から失った朝食習慣を取り戻すコツは、決まった時間にエネルギーになる物を食べることだ。その一口がスイッチになり、胃液などを準備するタイミングを、胃に習慣づける。

 

 

 

毎日同じ時間に朝ご飯を食べていますか??

私は休みの日はどうしても食事が遅くなりがちです。

これから夏に向けて細かい事ですが改善し、酷暑を乗り切りましょう!!